*

会社を作るときの目的について

株式会社や合同会社を設立するときには先ず会社の設立前に「会社の目的」を決める

必要があります。設立時に提出する設立登記申請書や公証役場で認証を受ける会社の重

要事項を記載した会社の定款には会社の目的が記載されています。

つまり、会社を作ってから会社の目的=会社の事業としてやることを決めるというの

では既に遅く、会社を作る時点では事業内容は完全に決定しなければいけないというこ

とになります。

もちろん後からの追加ができないという話ではありません。ただし後から追加すると

なると株主総会を開いて議事録を作成しなければいけませんし、税金として最低3万円

もかかり実際は手数料等によりそれなりの費用もかかります。融資を受けるとき等に事

業内容が正しくないとそこで指摘を受け融資が止まってしまうようなリスクも考えられ

ます。

それを考え事前に目的を整備しておく必要があります。

でも、この事業を本当にやるかわからない、というケースも多いと思います。それで

も書いておいて大丈夫です。書いていないことをやると違法になってしまいますが、書

いてあることを必ずしもやらなくていいということになっています。

予め将来性を見て、拡大しそうなことは書いておくというのが安心です。

このような相談も会社設立代行手続き業者まで相談してみてください。

LUXE シャンプー



コメントする